旧ブログ http://nekotamasi.jugem.jp/
スポンサーサイト
--/--/-- - -- - --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告
TRACKBACK : - *  COMMENT : - *  Edit
玉藻稲荷
2012/07/08 - Sun - 15:30
JUGEMテーマ:神社仏閣


篠原玉藻稲荷神社。

その名の通り、九尾の狐玉藻の前が祀られている神社。


狐塚。
右に湿地左に池、その間に道があるらしいが、どう見てもみんな草の下です(>_<)


この石鳥居に向こうが社殿。
この石鳥居、この写真ではわかりにくいけどちょっと可愛いところがある。


笠木島木の中央、ちょうど継ぎ目のある部分に、
どこからか種が飛んできたんでしょう。
うまくはまりこんで芽吹いて、「毛が三本」状態(>_<)
鳥居が割れちゃう前に、誰かなんとかして(>_<)


拝殿。
ここは別にぞっとしたわけではないが、中覗いてくるの忘れた(;^ω^)


これで今回の栃木の神社巡りは終わりなんだけど、
今回巡って来て気になったこと。


那須神社


両社稲荷と玉藻稲荷。

しめ縄が中央で、だらーんとしている。
このタイプを見た記憶は、リンクさせていただいている
「幸手市権現堂の花見ガイド」さんところで見た鳥居くらい。
鳥居の分は、まあ、そうなっていると自然に中央は避けて通るわねえ、
とも思ったが、それが狙いなの?
で、この中央だらりんタイプにも、上三つのように中央太めのネックレスみたいなのと、
右縄と左縄を真ん中でネジネジタイプの二通りあるようで。
一口でしめ縄といっても、いろいろあるんだな。

そしておまけ、というか載せ忘れ(>_<)


大田原神社の狛オオカミ。
変わったお稲荷さん、と思ってたら、オオカミなんですってよ。
阿のオオカミさんは、上あごが壊れてます。
口を開けた形状だから、割れやすかったんでしょうね。
なんとかくっつけて、元の状態に戻りますように。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  Edit
芭蕉の里
2012/07/07 - Sat - 21:20
JUGEMテーマ:神社仏閣

芭蕉の里くろばねにある芭蕉の館。


芭蕉と曽良の像。
資料館とかもある。


芭蕉の館の庭に咲いてた牡丹。


周りの山道を歩いていたら、オドリコソウが群生していた。


駐車場へ行く途中に、目をつけていたお稲荷さんへ行く。
真先宝寿両社稲荷神社。


真先稲荷と宝寿稲荷が合祀されて、両社稲荷って感じっぽい。
○神社と×神社で、○×神社って言うのはこれまでもいくつか見た。

ここも参道の灯籠がいくつか倒れてたんだけど、
転がっている石灯籠は薄く苔むしていて、この間の地震より前に倒れてた?
いやいや、地震から、もう一年たってるし、苔くらい生えるよね?


拝殿。
この中にお稲荷さんが祀られているんだろうけれど、
お詣りの後に写真撮ってたら、急にぞわっと来たので、
中は覗かずに撤収ー(>_<)

ところで、今日はニーチェの12歳のお誕生日(暫定)。
画像なしだが、ハッピーバースデーニーちゃん(´∀`)


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 3  *  Edit
笠石神社
2012/07/06 - Fri - 19:23
JUGEMテーマ:神社仏閣


たんたかた、たんたかた、たんたかた、たたたた
じーんせいらっくありゃくーもあるさー
たんたかた、たかたか…


那須國造笠石神社。

大阪市内あたりで、住宅地なんかにある神社を探すときに、
こんもりとした木を目印に探したりすると見つけやすかったりする。
だが、それもどこでも通用する技ではないと、今回の栃木旅行で痛感する。
たーーーんーーーぼーーー、な平地に、こんもりとした森を見つけても、
本当に森だったりするからだ。

ここ笠石神社も、田んぼの中の、こんもり森の中にある神社だった。

ここの御祭神は那須国造直韋提で、御神体はこの方の功績をつづった
墓碑というか石碑。

長く地に倒れたままで、なんか触ったら祟られるらしいで、
とか言われるままに放置されてたらしい。
そのとき文字の掘ってある面が下になっていたので、劣化せず、
今でも読めるくらいの保存状態なんだって。

で、それを水戸光圀公が、保護したり、助さんのモデルになった人に
調査させたりしたんだとか。


この門の奥に本殿がある。


右手にあるのは拝殿か、摂末社か。
本殿の瑞垣の外にあるし、独立した建物だから摂末社かと思うんだけど、
よくわからない。
社務所で拝観料を払うと、解説付きで御神体を拝ませていただけるんだけど、
短めでお願いして、御神体の解説のみになったので、
この建物のこととかは聞いてない。
長目でお願いしたら聞けたかも。
っていうか、聞いたら教えてもらえたと思うんだけど、全然思いつかなかったの。


本殿。
この中に国宝に指定された石碑が納められている。
神主さんが、扉を開くと、正面に笠石がバーンと。
ふと足元を見ると石段の上にお賽銭がばばーんと…
なんでみんな百円以上なんだよぅorz
出しかけた五円を引っ込めて、百円出しましたさ(TдT)

さて、御神体。
7、8世紀頃のものらしい(日本最古だとか)が、薄暗い電球の明かりの中でも、
文字が書いてあることがはっきり認識できるし、古文漢文がさっぱりな私でも
読める漢字があったりで、当時すでに文字文化が、
かなり完成されていたのだろうと思われる。
まあ、書いたのは渡来人らしいけど。

ところで、笠石というのは、この石版の上に、
帽子のような石が乗っかっているからで、
これがまたカッチリはまりこんでいて、あの地震の時も落ちなかったとか。
(ちゃんと質問したつもりだけど、一月半で、もううろ覚え(;^ω^))

どんな感じかって言うと。
イースター島のモアイ像はご存じだと思うのだけど、あれの帽子被ってるバージョンは
ご存じだろうか?
あれは赤い帽子だけど、こっちは同色の石が、あんな感じで乗っている。
わかりにくいか(;´∀`)
私は見てすぐ「おお、モアイ像みたいだ(゚∀゚)」って、思ったんですが。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 4  *  Edit
鷲子山上神社再び
2012/07/05 - Thu - 22:00
JUGEMテーマ:神社仏閣

階段が辛くてパスした。


今回はこの神門向こうの、96段にチャレンジ。


階段途中からの千年杉。
しめ縄も張ってあるので、ご神木なのかな。


が、
ご神木みたいなのに、幹に穴開けてあって、何か入ってる。
元々ウロになっている、というわけではなさそうな、四角い穴。
なんだろう?虫除けとか?


拡大してみれば、小さいフクロウ像。
ここはフクロウの神社なので、たくさんのフクロウ像が奉納されているわけだが、
あー、まあきっと何か理由があるんだろう。


さて登り切ったところにある拝殿。


その周りには、摂末社が点々と。
本殿裏から降りていくとお稲荷さんがあって、そこは少し大きめの末社だけれど、
上り下りがキツイので、パス。
毎回何かしらパスする私(;^ω^)

上ってきた階段96段は、往復することで、96段を2回、
2-96 フクロウ、と読ませることで、不苦労とかの語呂合わせになっている。
だけど、一応バリアフリーなのか、階段よりは、少し楽できる坂道もある。
しかし坂道で下ったら、せっかくのフクロウの語呂合わせができないじゃないか、と
がんばって、階段下ったよ。


見ててくれたかな、お不動さん(´∀`)


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  Edit
大田原神社
2012/07/04 - Wed - 22:26
JUGEMテーマ:神社仏閣

乃木神社の後は、大田原神社へ。


黄色っぽい八幡鳥居の向こうにお祀りされているのは、聖徳太子。


聖徳太子といえば、仏教というイメージなんだけど、
天皇家の人だから、神社で祀られてても不思議ではないのか。


本殿の拝殿。


本殿の右側に行くとお稲荷さんがある。
お稲荷さんの鳥居。
よく見ると、額束に当たる部分に奉納者の名前が書いてある。
よく見るタイプでは、奉納者の名前は柱部分に書かれている。
束も、普通貫と島木の間にあるんだけど、
これは、貫に直接貼り付けてあるように見える。

ところで、ここ栃木も福島ほどではないが、震災被害を受けた地域で、
那須神社、乃木神社ではそう感じなかった被害が、
この大田原神社では、見ることができた。


地面に直接おかれた狛犬。
これも地震で落ちたものらしい。


倒れた灯籠。


倒れた鳥居の修復現場。
左右の柱と貫。


島木。
たぶん、この四角い穴に柱を立てるんだろう。

あまりにもキレイに倒れているから、もしかして、倒れたんじゃなくて、
倒れそうになったから、組み直しているのかもしれないけど。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  Edit
乃木別邸
2012/07/03 - Tue - 21:55
JUGEMテーマ:神社仏閣


乃木神社の本殿の左側から奥に続く道。


木に打ち付けられた乃木別邸の表札。
ここから奥に行くと、乃木別邸に行ける。


表札の隣にある車庫。
中国馬車だそうだ。
公式サイトなんかにも写真が載っているが、何か違う。
車体がない。
前輪だけ残して、後輪と車体がない状態。
どこへ行ったんだヨ(・´з`・)

ここから林の中へ続く道を行くと。


ステキ鳥居だ!(゚∀゚)
おおざっぱに言うと、白木鳥居の一種なんだろうけれど、
木のゆがみもそのまま、樹皮だけ剥きました、みたいな鳥居。
進行方向へ向かう形で写真を撮ったが、もしかしたら、こっちは裏かもしれない。
神社から出て、別邸へ向かう途中だから。
ああ、しまった逆方向からも取っておくべきだった(・´з`・)


石林文庫。
乃木将軍関係の書類等が展示されているらしいが、
公開はされていないんだろうか?
見学できるような気がしない。


別邸。
あー、大正のはじめまで使われてた家屋だから、やっぱ、そんなに古い感じしないなー
とか思ってたら、平成の初めに焼失して建て替えられたんだとか。
なんだよ、うちより新しいじゃねーか(゚∀゚)


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit
乃木神社(那須)
2012/07/02 - Mon - 15:40
JUGEMテーマ:神社仏閣

那須神社を出て、次に連れて行ってもらったのは、乃木神社。
明治時代の軍人で、明治天皇崩御の後、
後を追う形で殉死した乃木希典夫妻を祀った神社。

乃木希典那須別邸の敷地内に建てられている。


社号標。


乃木将軍は、休職の間ここで農業をやっていたそうだ。


この小川を超えて境内にはいる。
友人が以前来たときは、ここまで水量は多くなかったらしい。
くどいようだが、この辺は真っ平らで、どこから水が来るんだと思う。
橋のたもとに階段が付いているので、御手洗の川なんだろう。
この水量と、それでいて底まで透ける水に、思わずにやける。
( ´,_ゝ`)フヒヒ


神馬の位置づけなんだろう、愛馬殿(しんがり)号。
明治天皇の皇太子殿下(大正天皇)から下賜されたので、
殿下の殿を取って、殿号なんだとか。


拝殿。
大正時代に建立された神社だからか、まだ新しい感じがする、ガラス張りの拝殿。

八百万の神々とはいうものの、実際800万いるわけではなく、
八百万=とてもたくさんの意味なんだけど、
たった百年ほど前に生きていた人も、神様になる国だから、
靖国や、護国に祀られている神様達をくわえると、
もう800万柱なんて越えてるんじゃないんだろうかと思う。
いや、調べてないけどさ。

そういえば、人は死んだら仏さんになるって言うけど、
神道で葬式したら、神さんになるんだよね。
じゃあやっぱり、800万柱以上の神様いるんだな、きっと。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  Edit
那須神社
2012/06/29 - Fri - 19:53
JUGEMテーマ:神社仏閣

道の駅、那須与一の里に車を止めてもらって、
参道脇の木々をどっこいしょと乗り越えて、那須神社の参道へ。


鳥居の向こうに見える、薄茶色い建物が、社務所のようだが、
誰もいない。


反り橋と楼門。


本殿。
楼門と共に、県の指定重要文化財だそうだ。








上の四枚は、摂末社なんだろうけれど、
どの社、祠にどなたが祀られているのか解らない。
下二枚など、山歩きの途中で見つけた祠って感じの雰囲気を醸し出しているが、
ちゃんと境内の中にお祀りされている祠だ。
御祭神は、応神天皇。
楼門にも、八幡宮の額がかかっていた。

由緒書きによると、配神に八柱、境内社が六社あるみたい。
よくわからなかったけど。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit
19、20日の御朱印と、昨日の金環蝕
2012/05/22 - Tue - 21:43
JUGEMテーマ:御朱印収集


土日に行った栃木で、御朱印もいただいてきた。

 

19日の御朱印
乃木神社と、大田原神社。


20日の御朱印
栃木と茨城にまたがって建つ神社。
一見一つの神社だけど、栃木側と、茨城側では読み方が違うとか。
栃木側の授与所で御朱印をいただいたときに、友達の旦那さんが、
茨城側のは無いのか聞いてくれたんだけど、そもそも茨城側は人居ないってことで、
栃木側の御朱印しかないんだそうだ。

 

笠石神社。
国宝の石碑のある神社。
神職の方に、たっぷり説明してもらって、石碑も見せていただいたけど、
書き置きなんだ。
右のは、書き置きを入れてくれた袋。


そして、新幹線で帰ってきて、翌朝に金環蝕。
写真は昨日アップしたけど、動画も撮ってみたんだな。
カメラにはフィルターもなんもないし、日蝕メガネすら買ってない。
しかし、天は我に味方した!
薄曇りのおかげで、天然雲フィルターがかかって、
うちのコンデジでも撮れたよ!
本来なら喜ぶべき、雲の切れ間の時には、明るすぎて、何も写ってなかった、
っていうかみえなかった。
その辺、編集メンドクサーとか思ってたら、今日になっちゃったよ。
まあ、編集してもこの程度ですが(;´∀`)



Youtube←こっちの方が画面大きいかも。


にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit
お伊勢さん 別宮 3
2012/01/05 - Thu - 13:34
JUGEMテーマ:神社仏閣


実を言うと、瀧原宮はウチの田舎のおばあちゃんちへ
行くときのコース上にある。
なので、親が車で帰省するときに便乗しようと、密かに考えていたのだが、
それとは別に連れて行ってくれるというので、お願いしてみた。
で、室生寺とどっちを先に行く?と聞かれて、
室生寺と答えてしまったがために、時間が結構ぎりぎりになってしまった。


無事、瀧原宮到着。


なんとか間に合って、御朱印をいただく。
ゲット後のこの写真のデータを見たら、15時38分。
本当にぎりぎり。
順番後先になったが、これでゆっくりお参りできる。
ゆっくりと言っても、5時までしかお参りできないようだけど。


順番といえば、こんな看板。

                     若宮神社 
ちなみに社の並びは、 瀧原竝宮 瀧原宮
                     長由介神社
という感じ。

もちろん順番通りに行ったり来たりした。


瀧原宮。


瀧原竝宮。


若宮神社。


長由介神社。


瀧原宮の御朱印。

これで近鉄のご朱印巡りキップでもらった御朱印帳完成。
やったー\(^o^)/


にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村

CATEGORY : 近畿以外の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit
カレンダー
2017/08 ←  → 2017/10
2017/09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
くろックCute DC01
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール

猫舌=・A ・=

Author:猫舌=・A ・=
近畿を中心に電車やら、
バスやらで出かけたり、
家でぐだぐだしたり、
とび森で遊んだり。

ブログ村
参加してます
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。