旧ブログ http://nekotamasi.jugem.jp/
スポンサーサイト
--/--/-- - -- - --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告
TRACKBACK : - *  COMMENT : - *  Edit
今日の御朱印
2012/07/31 - Tue - 21:06
JUGEMテーマ:御朱印収集

今日は祇園祭の最終日、疫神社夏越祭なんだけど、
去年行ったし今年はパスして、新京極あたりをぶらっと。

地下鉄の市役所前で下りて、本能寺から。

Scan120731-h.jpg

新京極は、河原町の駅から近いこともあり、過去何度か行っているので、
お寺の様子は、それぞれの、色が変わっている寺名をクリックしていただくと、
過去記事に飛びます。

b-Scan120731.jpg Scan120731-s.jpg


和泉式部はネコスキーということで、この集印帳が欲しかった。

Scan120731-t.jpg


どこのお寺も、複数の御朱印があるようだったので、
これからコツコツ集めていこうかなと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
CATEGORY : 京都の神社仏閣  *  THREAD TITLE : 神社仏閣  *  THREAD THEME : 学問・文化・芸術
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit
山鉾と御朱印~白楽天山、山伏山、保昌山
2012/07/31 - Tue - 11:35
JUGEMテーマ:御朱印収集

白楽天山。


唐の詩人、白楽天がモチーフだそうです。


山って、担いで廻るのかと思ったら、車輪がついているんだね。
まっすぐ行くときはごろごろ曳いて廻って、角で、どっこいしょっと方向転換。


あるだけ全部押したら、三つ同じ物だった(;^ω^)


山伏山。


昔、八坂の塔が傾いたときに、法力で直した山伏の姿を現しているんだとか。




保昌山。


平井保昌が和泉式部のために紫宸殿の紅梅を手折ってくる姿を現した物。


二階から我々を見下ろす、平井氏。

 



にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 京都  *  THREAD TITLE : 写真日記  *  THREAD THEME : 日記
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit
山鉾と御朱印~鶏鉾
2012/07/30 - Mon - 19:27
JUGEMテーマ:御朱印収集


にわとりほこ。

ここはグッズを買うと、鉾に上らせてくれる。
早速お土産を買う。


こんなのをくれたので、ウキウキひらひらさせながら会所の奥に入れてもらう。


二階には装飾品が展示されている。
これが「イーリアス」とか言うヤツなんだろうか。
はーへーほーと、ただただ感嘆するばかり。


稚児人形。
顔の前にかかっているのは帳でいいのかな?
御簾だとスダレっぽいイメージだから帳でいいよね?
帳、という言葉を聞くと、反射的に
よるのとばりがおりて~まちにひ~が~とおもるぅ
と、歌ってしまいますが(笑)

話が横道にそれたけど、稚児人形の顔に帳。
これは我々に顔を見せないためと言うより、お稚児さんの目隠しなのかな?
なぜなら、お人形の顔は、横から覗き放題だったから。


そして鉾に乗せてもらう。
会所の二階から渡り廊下で繋がっているので、高さ的にも、普通の二階程度。


上から見下ろす車輪。


天井はこんな感じ。
そして中心を通る柱。


そして、そのてっぺんに輝く鉾頭。
鶏とは、関係なさそう。




にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 京都  *  THREAD TITLE : 写真日記  *  THREAD THEME : 日記
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit
山鉾と御朱印~四条傘鉾と芦刈山
2012/07/29 - Sun - 16:50
JUGEMテーマ:御朱印収集


四条傘鉾。


案外傘小さい。


と、思ったらあれは提灯についている傘で、傘鉾の傘はこっちでした(´∀`)


中を覗いてみた。
ビニール傘?
いやいや、よく見たら、本当にうすーいうすーい紗が貼られていて、
その上から雨よけのビニールが被せられているみたい。


赤黒くなっちゃってる四角いのは、四条傘鉾と書いた紙を、
御朱印を押したところで、貼ってくれた物。
御朱印の印影を濃くしたら、紙の方は濃すぎて黒っぽくなってしまった。


芦刈山。


山。


胴掛けの柄はこんな感じの可愛い動物柄。
これは虎かな。


で、正面はリアルなライオン。
横のとギャップありすぎ(´∀`)


これは会所の人が押してくれた。
自分で押すと、このあと家帰ってスキャンして、一つ一つ切り取って、
加工してアップして…とか、いらんことを考えるので、こうはならない。
バランスよくて格好いいじゃないか。


にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 京都  *  THREAD TITLE : 写真日記  *  THREAD THEME : 日記
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  Edit
山鉾と御朱印~菊水鉾と伯牙山
2012/07/28 - Sat - 21:19
JUGEMテーマ:御朱印収集

菊水鉾。
町内にあった菊水井戸にちなんで名付けられたという。


鉾の下の囲いが、格子戸みたいになってんのかしら?


大きな車輪。
金文字で名前が書かれている。


鉾頭。
菊の花が水平になってるんだ。
下から眺めているときは、垂直に立ってる物だとばかり思ってた。




伯牙山。
琴の名人伯牙が友人の死を聞いて、琴の弦を断ったという故事から。
名人がやると、琴の弦が切れたことでも、故事になるのか。
いや、なんか「あの人、琴の糸切らはってんてー」ってきいても
「ふーん」以外の何を思えばいいのか。

は!もしかして文筆業の人が筆を折る的な比喩表現ってヤツなのか。
なるほど、それなら何か思うことはできるかな。
一人で勝手に妄想して納得。


山。


提灯。


山の裾に張られた幕。
提灯にこの模様が三つ重なったのが描かれているから、たぶんここの紋なんだろう。
紋が散らされたデザインがなんだか気に入って、このままのれんとかにいいよなあ、
と思った(´∀`)


で、御朱印はこんな感じ。


にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 京都  *  THREAD TITLE : 写真日記  *  THREAD THEME : 日記
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 4  *  Edit
山鉾と御朱印~太子山と木賊山
2012/07/27 - Fri - 21:51
JUGEMテーマ:御朱印収集

太子山は、聖徳太子をお祀りした山。


あかちゃんよなきでこまったなー
かんむしちちはきよわったなー

いや、樋屋じゃないけど、奇應丸だったんでつい写真を撮っちゃった(´∀`)
この日は閉まってたけど、翌日また行ったら、ここが会所だったみたい。


大通りは無理として、細い通りに会所がある辺りでは、
こうやって緋毛氈のひかれた休憩所なんかがあったりする。
で、この傘の所と、山の提灯の間に見える丸太を半分に切ったベンチが、
聖徳太子尊の知恵の座という物だそうだ。
座るとかしこなるんかな?もちろん座ってきたで(゚∀゚)

そして、さっき緋毛氈を調べたら、フェルトのwikiが出てきて、
毛氈ってフェルトと同じ種類だったんだーと目から鱗。


山。



ここの手ぬぐいをお土産として送った友達から、早速写メが来た。

 

ほっかむりバージョンとねじりはちまきバージョンか?
犬でも、ねじりはちまきは、気合いが入るのか(^ω^)
有効利用されているようで何より。
え?肝心の手ぬぐいがよく見えない?
いいの、可愛い可愛いお嬢様の写真を載せたかっただけだからヽ(´ー`)ノバンザーイ


木賊山(とくさやま)


我が子を人にさらわれて一人木賊を刈る翁を表すんだそうで。
よくわかりません(;^ω^)

そもそも木賊ってなんじゃらホイ?
調べてみたら、あーあーこれかぁ。
知ってる知ってる。
画像がないからあれだけど、たぶん見たことある人、多いと思う。
茎が目立つタイプの草(シダ類だそうだ)なんだけど、
細い竹みたいで、でも、竹ほど堅そうには見えない。
気になる人は、トクサで検索(゚∀゚)


これ、宵山期間に山鉾にかかっている胴掛けとかは、
いわば練習用ユニフォームみたいなもんで、山鉾巡行の時は、
きれいな試合用ユニフォームに着替えるらしいね。
全部が全部そうじゃないかもだけど、言われてみれば、
高い装飾品を三日も四日も炎天下にさらすわけ無いよねー。


ところで、えらく人が並んでます。
実は御朱印をもらう列。
ほとんど動きませんよ。
なんで?


どうやら4種類もあるので、押すのに手間取っている様子。

ちなみに画像の地色が違うのは、見やすくするのに明るさをいじったから。
明るさだけしか触ってないのに、なんで紙の色まで変わるのかは謎。


次の山鉾へ移動するときに見つけた。
祇園祭初心者なので、何でも珍しがるよ(゚∀゚)

ドラム缶?とも思ったけど、茶筒のように蓋のついた円柱の缶。
巻いた布製品でも入っていたのかと思ったら、提灯って書いてあった。
なるほどね。


にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 京都  *  THREAD TITLE : 写真日記  *  THREAD THEME : 日記
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 4  *  Edit
祇園祭に行ってみる~花傘巡行 その3
2012/07/26 - Thu - 21:30
JUGEMテーマ:京都

さて、神社近くで一通りの巡行を見たあと、ちょっと休憩して、
戻ってくる花傘を見ることにした。
いや、本当は帰るかどうか迷ったんだけど(;^ω^)

P1090106.JPG

移動中、信号待ちする行列に追いつく。
舞妓さんの髪飾りが可愛い。

先にも書いたけれど、御旅所付近で見ようと思ったんだけど、
暑いから寺町通りの、屋根のある商店街で待つことに。
喫茶店に入って、二本目のタバコに火をつけて、これ吸ったら、
商店街に出よう、と思ってたら、来ちゃった(^ω^)
もったいないけど、あわてて消して、喫茶店を出る。

子供神輿の途中から見ることができた。

P1090123.JPG

商店街では、かなり近づいて写真撮ることができた。

P1090130.JPG

神饌花車は、カゴ状になっていた。

P1090132.JPG

お獅子に噛んでもらうお嬢ちゃん。

P1090143.JPG

祇園太鼓。

P1090153.JPG

馬長というらしい。
頭の笠がちょいとお疲れ気味か。

P1090166.JPG

久世六斎。
これの前を婦人会の奥様方が歩いておられたんだけど、
皆さんシャキシャキとお歩きになっていて、年期が違うなぁ、と。

P1090201.JPG

万灯踊。
2時間近く、この夏の暑さと、着物と草履で、かなりお疲れの様子。

P1090202.JPG

さぎ踊りの子達は、かぶり物がかなり暑いらしく、
こうやって、行列が止まる度に、お世話する方がかぶり物をめくって、
うちわで扇いだり、何かシューッとしたり、暑さ対策していました。

P1090209.JPG

宮川町の舞妓さんは、タイミングがうまくあったので撮りやすかった。

P1090218.JPG

祇園甲部の舞妓さんは、笠を被っていることもあって、なかなか撮れなかった。
やっと撮れたと思ったらぶれてるし(;^ω^)

P1090220.JPG

そしてミスきもの。
四人いると、みんなきれいな瞬間を押さえるのは、私には無理だった(;^ω^)
一人完全に影になって、写ってませんが、
みんなそりゃあ別嬪さんでしたよ(゚∀゚)

で、御旅所でのくじ取りとか見て、このあと八坂神社で何かあるらしいけど、
着いていかずにまた、途中で帰ってきました。
いや、だって、すぐそこに阪急電車の駅に行く階段あるから(;^ω^)


にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 京都  *  THREAD TITLE : 写真日記  *  THREAD THEME : 日記
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 5  *  Edit
祇園祭に行ってみる~花傘巡行 その2
2012/07/25 - Wed - 21:54
JUGEMテーマ:京都

昨日に引き続き、花傘巡行。

2P1080961.JPG

子供神輿は、その名の通り、子供さん達が曳く神輿。
ここの御神輿は下に車輪が付いていて、担ぐんじゃなくて曳いていくようだ。
いかにも地域の祭りっぽくて、可愛らしい。

2P1080968.JPG

旗の後ろに続くのは、小さい巫女さん?
小学校の高学年くらいの女の子達が続く。

2P1080977.JPG

たぶん、神饌花車。

2P1080983.JPG

祇園太鼓。
この太鼓にも、女の人が乗っている。
山鉾巡行とは違って、花傘巡行は、女の人が多くて華やか。

2P1090010.JPG

メインが花傘だしね。

2P1090023.JPG

八坂神社婦人会のお姉様方。
若い娘さんの、華やかな着物とはひと味違う、この貫禄。

2P1090039.JPG

久世六斎のお囃子。

2P1090056.JPG

織商鉾。
乗っているのは京都きものの女王さんらしい。

2P1090072.JPG

宮川町の舞妓さん達。
白い着物が涼やか。

2P1090074.JPG

さぎ踊の子達。

2P1090084.JPG

万灯踊の子達。
背の順に並んでて、可愛い。

2P1090097.JPG

最後に、長刀鉾のお囃子が来て、行列は終わり。
この後ろに救護車が着いていく。

これから御池通の方まで言って、寺町通りの商店街を通って、八坂神社に戻ってくる。
帰路を待ち伏せするために移動(^ω^)


にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 京都  *  THREAD TITLE : 写真日記  *  THREAD THEME : 日記
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit
祇園祭に行ってみる~花傘巡行 その1
2012/07/24 - Tue - 16:45
JUGEMテーマ:京都

今日は花笠巡行に行ってきた。
また調子に乗って写真撮りまくったので、3回に分けてみる。
まずは抜粋で、こんな感じって所を(^ω^)

今日も朝から阪急電車に乗って河原町まできた。
花傘巡行は八坂神社10時に出発。
八坂神社に向かう道は、四条大橋を越えた辺りから、
ぽつぽつカメラを持った人たちが、場所取りなのか、歩道の端に立っている。

もうちょっと前でも行けそうかな?と、欲張って神社へ近づいていくと、
案の定混んでた\(^o^)/
後戻りー。
どうにか空いてるところに潜り込み、車道脇の最前列確保。
さあ来い、花傘!


まずは子供神輿、元気な子供達が大きな声を張り上げて神輿を担いでます。
可愛い。
子供神輿は女の子もOKのようです。


花傘。
このあとにもいろいろな花傘が登場。


馬に乗ったお稚児さん?かしら、子供さんが登場。
だいたいお母さんらしき人が、横について歩いている。
何故か皆若い和服美人。
お父さんらしき人もいたけど。


花笠を手に歩く和服の娘さん達。
なんか織物協会の人たち?


祇園甲部の舞妓さん達の花傘。
お見せできませんが、曳いている男の子達、めっちゃ笑顔(゚∀゚)
そりゃあうれしかろう。


万灯踊りのお嬢ちゃん達。
花びら柄の和傘が可愛い。
もちろん女の子達も白塗りの化粧に、おそろいの着物で可愛かった。

で、長刀鉾のお囃子が来て、行列は終わり。
でも12時には、八坂神社に戻ってくるしなー。
で、ちょっと休憩してから御旅所に行こう。

と思ったけど、屋根があるから寺町の商店街へ行って待つことに。


商店街で撮った、鷺舞の頭。
てっぺんに傘ついてるんだー。
あ、この鷺をつけているのは子供さんで、向こうを歩いているおじさんの顔が、
この人が鷺被っているように見えるのは偶然です(^ω^)


鷺舞の傘のてっぺん。
反り橋と鳥がついていた。


商店街の出口に近づくと、前の花傘の進行待ちとかで、
ちょいちょい止まるので、ゆっくり写真が撮れました。
花傘が止まっているとき、なにやら宮川町の舞妓さん達が立ち上がって、
めっちゃ笑顔になっていた。
何があったんだろうね?


御旅所で、くじ改めをしていた。
くじ改めの所作って、格好いいよね(´∀`)

続きは後日。
もうちょっとたくさん写真を載せたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 京都  *  THREAD TITLE : 写真日記  *  THREAD THEME : 日記
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit
山鉾と御朱印~月鉾と孟宗山
2012/07/23 - Mon - 21:42
JUGEMテーマ:御朱印収集


月鉾。
この鉾も、上にあがらせてもらえる鉾。
グッズ購入者のみだが。
ただ、写真は厳禁なので、画像がない(´・ω・`)ショボーン


お祀りされているのは月読尊。


鉾頭は、もちろん月。


鉾の前と、


後ろにウサギさん(´∀`)
よく見ていただくと解るように、後ろと前で阿吽になっている。
前は八坂神社に向かっているので、口を閉じた吽行になっているんだそうだ。


あれ?八咫烏だ。
八咫烏は太陽に化身だと思ったが、月鉾の御朱印にデザインされているんだ。


孟宗山。
病気の母親が筍を欲しがるので、雪の中探し当てたという故事が由来。
関係ないけど、こういう故事って、親がかなり無茶言うんで、いつももやっとする。


シンプルな胴掛け?他のところが、赤主体なので、かなり目を引く。
おお、ここは青いんだーって。
巡行するときは、赤いようですが。


雪の中の筍掘りってことで、真木の松に雪に見立てた綿。


会所にも竹。
この故事の孟宗さんは、もちろん孟宗竹の名の由来。
ここの竹は細いから、孟宗竹じゃなさそうだけど。




にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村
CATEGORY : 京都  *  THREAD TITLE : 写真日記  *  THREAD THEME : 日記
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 4  *  Edit
カレンダー
2012/06 ←  → 2012/08
2012/07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
くろックCute DC01
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
プロフィール

猫舌=・A ・=

Author:猫舌=・A ・=
近畿を中心に電車やら、
バスやらで出かけたり、
家でぐだぐだしたり、
とび森で遊んだり。

ブログ村
参加してます
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。